MENU

language

Currency Exchange Service

お客さまへのお願い

マネーローンダリングおよびテロ資金供与防止を目的とする「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下法令といいます)の一部を改正する法律が2016年10月1日より施行され、お取引時の確認方法等が一部変更となりました。
お客さまのご理解とご協力をお願い致します。

2016年10月1日以降

1『200万円を超えるお取引』の際、ワールドカレンシーショップでは以下の「お取引時確認」をさせていただきます。

個人のお客さま
  確認事項 確認方法
個人の
お客さま
〇氏名
〇住所
〇生年月日
‹A›:1種類のご提示で確認できる書類(顔写真付の書類)
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(2012 年4 月1 以降交付のもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 各種福祉手帳(写真付)
  • 身体障害者手帳(写真付)
  • 官公庁が発行(発給)した氏名・住所・生年月日の記載があるもの(写真付且つご本人様より提示頂く場合に限る)

‹B›:2種類のご提示が必要な書類(顔写真なしの書類)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 児童扶養手当証書等
  • 母子健康手帳(氏名、住居および生年月日の記載があるものに限る)

‹C›:‹B›の書類の補足が有効な書類(お取引されるご本人の氏名・現住所が記載されている以下の領収書等)
  • 国税・地方税の領収書の原本
  • 社会保険料等の領収証書(国民年金保険料や健康保険料の領収書)の原本
  • 公共料金【固定電話(NTT・KDDI・ソフトバンクテレコム等の固定電話)・電気・水道・NHK・ガス(含むプロパンガス)のいずれか】の領収証等の原本

〇両替目的・
 職業の申告
お客さまに申告して頂きます。
法人のお客さま
  確認事項 確認方法
法人の
お客さま
〇名称
〇本店や主たる
 事務所の所在地
〇事業内容
登記事項証明書でご確認させていただきます。
〇実質的支配者
議決権の保有その他の手段により当該法人を支配する個人(すべての法人に存在)の氏名・住所・生年月日等
お客さま(代表者様等)に申告していただきます。
  • *法人の実質的支配者は、個人まで遡り申告して頂く必要があります。
  • 【図Ⅰ】「実質的支配者の確認チャート」をご参照いただき、予めご確認のうえご来店ください。
〇両替目的 お客さまに申告していただきます。
〇ご来店担当者の氏名・住所・生年月日等 上記「個人のお客さま」に記載されている確認事項に加え、当該取引権限を有する事を委任状か電話で確認させていただきます。

 

*本人確認書類の有効期限については以下のとおりです。

  • 有効期限に定めのあるものは、有効期限内のもの。
  • 有効期限に定めのないものは、提示日前6ヶ月以内に作成・発行されたもの、または提示日現在有効なもの。

 

2外国において重要な公的地位にある方またはご家族の方は、厳格な取引確認が必要となります。両替目的を証明する書類などのご提示をお願いする場合がございますので、ご申告をお願いします。

3お取引の金額にかかわらず、ご本人確認書類のご提示をお願いする場合がございます。

その他お問合わせ

詳細につきましては、株式会社東京クレジットサービス 本社 電話:03-5275-7610 にご照会ください。(受付時間:平日9:00~17:00 )

※「犯罪による収益の移転防止に関する法律」改正の詳細につきましては下記ホームページ(警視庁・JAFIC)をご覧ください。

警視庁(JAFICホームページ)

図1

実質的支配者の確認チャート

外貨両替サービス

まずはお気軽に
ご来店ください

PAGETOP

海外旅行前のご両替から、法人のお客さまとのお取り引きまで経験豊富なスタッフが承ります。

まずはお気軽にご来店ください